みんなでリサイクル法を守ろう

>

家電に関係するリサイクル法

エアコンや冷蔵庫など

行政に任せると、いらない家電を引き取ってくれます。
炊飯器やポットなどを処理する際は、行政に依頼しても大丈夫です。
しかし大型の家電になると、行政は処理できなくなるので注意してください。
それは、家電リサイクル法に含まれるからです。
具体的に説明すると、エアコンや洗濯機、冷蔵庫やテレビなどが含まれます。

それらは、購入したお店に行くと引き取ってくれます。
処理する時のことを考えて、家電を買ったお店を覚えておきましょう。
もし近くに買ったお店がなかったり、買ったお店がなくなってしまった場合はメーカーに問い合わせると相談に応じてくれます。
引き取りをしてもらえるものか、そうでないかを確かめるところから始めましょう。

簡単に家電を処理する方法

不用品回収業者は、どんなもので回収します、というところもあります。
家電リサイクル法で指定されているものが含まれている場合でも、処分したい家電の数が多いときは利用すると良いでしょう。
自治体に依頼したあと、残りは自分で家電量販店に持って行くというのでは大変です。
家電リサイクル法に該当するものが複数あって、それぞれ別のお店に持って行く際は時間も掛かるでしょう。

不用品回収業者に任せると、すばやく片づけが終了すると思います。
業者は、連絡すればいつでも来てくれます。
処理したいと思ったのが深夜でも、遠慮しないで連絡してください。
スピーディーな対応をする業者なら、連絡してから遅くとも1時間以内には来てくれます。
忙しい時でも、すぐに家電を回収しに来てくれる面が助かりますね。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑