みんなでリサイクル法を守ろう

>

ゴミを出す時のルール

資源ゴミに含まれるもの

紙は燃えるゴミではなく、資源ゴミになります。
その理由は、紙を回収するとリサイクルできるからです。
再び新しい紙製品に生まれ変わらせてあげましょう。
紙だったら、何でもリサイクルできます。
雑誌や新聞紙、段ボールなどが該当します。
これまでは分別が面倒で、全て燃えるゴミとして出していた、なんて方もいるかもしれません。

しかしそれではリサイクルされないで、処理されてしまいます。
せっかくリサイクルできるものなのですから、燃やしてしまわないで再利用につなげましょう。
リサイクル法を守れるように、ゴミの分別をもう1回よく考えてください。
牛乳パックや、食品トレイも資源ゴミに含まれます、
それらは、スーパーに設置されている回収ボックスに入れましょう。

ペットボトルも分けて捨てよう

ペットボトルとプラスチックは同じように見えますよね。
しかし材質が大きく異なるので、一緒に捨ててはいけません。
それぞれを分けてください。
プラスチックは、燃えないゴミの日に処理しましょう。
ペットボトルは、回収する日があるでしょうからその日に出してください。
夏は特に飲み物を摂取する機会が増えるので、空のペットボトルもたくさん出ると思います。

駅や公園などにも、ペットボトルのゴミ箱が設置されています。
ですから外出先でゴミが出た場合でも、処理できるでしょう。
ポイ捨てすることは、絶対にやめてください。
ゴミを正しく分別することがリサイクルへの第一歩でもあります。
ですからポイ捨てしていると、警察に捕まってしまうでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑